墓じまいをする理由とは?

subpage01

先祖代々が眠る墓を継いで守っていくのが、日本の一般的な「墓」に対する概念だと思います。

minp!の情報が豊富です。

しかし、最近ではそんな墓に対する概念が変わりつつあります。


その背景には、都市部へ移り住むことが多くなり、様々な場所で生活することで、子孫が墓の管理を物理的にできなくなったしまうという事態が起こっています。

また、「家」を継ぐという考えも現代において変化している傾向にあります。
そこで、子供達に迷惑をかけないためにも、墓じまいをする人が増えてきています。
お墓を建てたはいいけれど、それを管理する人もいなくなり墓の持ち主とも連絡がつかなくなれば、管理する寺や霊園の管理者が最終的には無縁墓として、墓を壊しご遺骨は合祀されることとなります。
無縁仏となって合祀されるくらいであれば、費用や手続きは必要ですが墓じまいをしようという人がでてきているわけです。
そこで、墓じまいをした後どうするかを考える必要があります。



一番多いのが永代供養です。

永代供養費を払うことで、寺などが存続する間は供養をしてもらえるというものです。

お寺によって合祀墓で供養してもらう場合と、個別に供養してもらう場合などさまざまなので確認が必要です。


そして、最近注目をあつめているのが散骨です。



散骨であれば、その後の管理費等も必要がなく、いつまでも心の中で供養し続けることができます。ただ墓じまいする時には、きちんと親族の間でも話し合いをし、皆が納得のいく形で行うことをおすすめします。

知りたい社会事情

subpage02

墓じまいとは、簡単にいうと「管理のできないお墓を処分すること」です。墓を継承する跡継ぎがいない、遠方に住んでいてお墓の管理ができないなど、様々な理由で墓じまいを考える人が増えています。...

NEXT

難しくない社会

subpage03

改葬は、お墓の引っ越しのことです。今あるお墓を、別のところに移すことで、多くの費用と時間がかかります。...

NEXT

予備知識

subpage04

最近、都会に暮らす人が遠くの故郷のお墓の維持が大変になり、故郷のお墓の墓じまいをして、居住地に近い霊園に新たにお墓を移したり、納骨堂や永代供養墓に遺骨を移す改葬をされる方が増えています。特に子供達等への負担を軽減する為に、墓じまいをして納骨堂や永代供養墓に移される方が多く見られます。...

NEXT

社会の特徴紹介

subpage04

お墓を移動する理由としては、世代交代をする要素が大きく関係しており、改葬に伴う環境が最重要課題となります。具体的な費用をしっかり見ておくことで、手続きに必要な書類や移動するメリットがわかります。...

NEXT