改葬の基礎知識と費用

subpage01

改葬は、お墓の引っ越しのことです。
今あるお墓を、別のところに移すことで、多くの費用と時間がかかります。
また、お寺や親戚にしっかりとお墓を別の場所に移す理由を説明し、後でトラブルにならないような配慮をしなければなりません。



改葬を行う場合、都市では、移転先の墓地の使用料、墓地の工事費用を含めて約200万円から300万円の費用が必要です。
地方で行う場合は、都市よりも少ない費用ですみます。
改葬の事務的な手続きは、法律では改葬許可証を提出しなければなりません。

許可証の書式は使用者の氏名と住所、墓地区画の場所の情報、改葬されるお骨の氏名と死亡した年月日を記入するようになっています。

自治体によっては、誰がどこで、どのようにして亡くなったかを詳しく書くようになっている場合もあります。

2ちゃんねるの為になる情報です。

しっかり自治体に確認をして許可証を提出するようにします。

東京の樹木葬について詳しく知りたいならこちらです。

今あるお墓を返す時は、更地にして返すのが常識です。

法律でのきまりはありませんが、お墓の管理者に契約について分からない場合は、契約で取り交わした内容を知ることがポイントです。

後でトラブルになる場合もあります。

直接墓地の管理者にきくことです。
更地するための撤去費用は、墓石業者によって大きく異なります。
いくつかの墓石業者に見積もりを依頼し、納得のいく価格の撤去費用で行ってくれるところに決めるようにすると、安い撤去費用ですみます。
お墓の引っ越しは大切なことを守って行います。