墓じまいと改葬の基礎知識

subpage01

最近、都会に暮らす人が遠くの故郷のお墓の維持が大変になり、故郷のお墓の墓じまいをして、居住地に近い霊園に新たにお墓を移したり、納骨堂や永代供養墓に遺骨を移す改葬をされる方が増えています。特に子供達等への負担を軽減する為に、墓じまいをして納骨堂や永代供養墓に移される方が多く見られます。

エキサイトニュースに有益な情報の紹介です。

こうした墓じまいをして、改葬する際に知っておくべき基礎知識をまとめて見ます。まず改葬に当たっては、役所への手続きを行う必要がある点です。
新たに納骨や埋葬する先と契約を交わし、受け入れ証明書を発行してもらいます。

また現在遺骨が埋葬されている霊園から埋葬証明書を発行してもらいます。

改葬を利用してみる価値はありますよ。

その上で、市町村役場で改葬許可申請書に記入し、先の2つの証明書を添付して申請をし、改葬許可証を発行してもらう必要があります。



新たな霊園や納骨先に、この許可証を提示して始めて埋葬や納骨を受け入れてもらえます。
また、元々のお墓の墓じまいに当たっては、お寺さんに対して、これまでのお礼の意味を込めて閉眼供養のお布施と合わせて10万〜20万円程度を包むのが一般的です。


この墓じまいの際にお寺の墓地の場合には、離壇料を要求される事もあるようですが、先のお礼の意味程度の額であれば習慣として支払うべきでしょうが、桁違いの高額を要求された場合には、法的に支払う必要性はないため、行政書士等の専門家に相談して対処されると良いでしょう。
また墓地の墓石や基礎の巻き石などは、墓じまいをする人が費用負担する必要があり、事前に石材店に見積もりをしてもらうのが良いでしょう。

こうした手続きと費用に関する事前知識を持って、実施される事をお勧めします。