墓じまいとは何か、その方法は

subpage01

墓じまいとは、簡単にいうと「管理のできないお墓を処分すること」です。

墓を継承する跡継ぎがいない、遠方に住んでいてお墓の管理ができないなど、様々な理由で墓じまいを考える人が増えています。


管理のできていない墓を放置しておくと、最終的には無縁墓として墓石は撤去され遺骨等は無縁仏として合祀墓に入ることになります。


少子高齢化のため、死者数は増えていくのに継承者数は減る一方なので、こういった無縁墓が全国的に見ても増えているのが現状です。



墓じまいをするにあたり、遺骨をどうするのかを考えなくてはなりません。

初めてでもわかりやすい、茨城の樹木葬の情報が必ずあります。

永代供養にする、散骨などの自然葬にする、自宅で手元供養にする、などがありますが、どれにするにしても、まず親族の同意と現在お墓のあるお寺や霊園の同意を得る必要があります。

同意が得られたら市町村の役場で「改葬許可申請書」をもらい、墓地埋葬法で定められた手続きを踏み、お寺で閉眼供養をしていただいた後に遺骨を取り出し、墓石を撤去し墓地を更地にして、お寺や霊園にお返しします。

自宅での手元供養以外は「改葬」となり、受け入れ先が発生しますので、移転先の市役所にも必要書類を揃え、改葬許可証をもらい、移転先の墓地管理者に提出して、改葬となります。

先祖代々守ってきたお墓がなくなるのはご先祖様に申し訳ないように思ったり、寂しい気持ちになったりするかもしれませんが、お墓の管理がご家族の負担になってしまったり、お参りできず荒れたままのお墓を放置しておくことを考えると、墓じまいは決して悪いことではありません。

初めてでもわかりやすい、47NEWSのココだけの話をしましょう。